<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.09.26 Thursday  | - | - | 

監視カメラが忘れたアリア

[ 舞台 ]
座 高円寺って初めて行きましたが、まったりしていい劇場ですね。ほれました。
以下ネタバレです。

JUGEMテーマ:舞台鑑賞


続きを読む >>
2010.02.11 Thursday 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 

レ・ミゼラブル

[ 舞台 ]
橋本さとしさんのバルジャンがかっこよかったです。
神田沙也加ちゃんもしばらく見ない間に大人になって・・・。
正直全くなんの予習もせず行きましたが、結構夢中でした。

今回かなり後ろの方の席で、残念。
先日「中国の不思議な役人」をみたのですが、そのときはセンターの一番前だったのに、あんまり・・・だったのでした。
面白いお芝居に限って席が悪いの法則(笑)
2009.10.26 Monday 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 

桜姫

[ 舞台 ]
JUGEMテーマ:舞台鑑賞


桜姫をみてきました。
ええと・・・難しいお話でした。

難しいお話を、役者の力量と、舞台装置のアイディアで乗り切った??感じ?
でもそんなに面白くない・・・というお芝居でもなく、心の中になんとなくじわわんと残る感じです。
言葉でいうのはとても難しいです。

白井さんの役どころはちょっと悲しかったです。
勘三郎さんの悪役も憎めない感じ。

勘三郎さんの出るお芝居が一度見てみたかったので、満足。
私の席は2階席の後ろの方だったので(巷では彼のお腹がぽよぽよしていたという噂ですが)私の目にはぽよぽよしてなかったです。
どちらかというと、胸板にドキドキでした。
ただ、3時間は長すぎでしょー。びっくりしました。
しかし3時間あきることなく見終わることが出来ました。

ううーやっぱり歌舞伎の方も取れば良かった。後悔。。。
2009.06.23 Tuesday 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 

NAYLON100℃ 神様とその他の変種

[ 舞台 ]
山崎一さんにエロスを感じるのは私だけですか、そうですか。

以下ネタバレ
続きを読む >>
2009.04.30 Thursday 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 

春琴

[ 舞台 ]
春琴みてきましたー
(以下ネタバレ)

JUGEMテーマ:舞台鑑賞




続きを読む >>
2009.03.11 Wednesday 23:27 | comments(0) | trackbacks(2) | 

kera map#005 あれから

[ 舞台 ]
KERAさんのお芝居はだいぶ久しぶりに観にいったのですが、
「進化してる!!」(すいません、上から目線な発言で・・・。)
という感じでした。

一昔前のグダグダだけど笑える泣ける、でもKERAさんだなあ・・・
という感じからかなり整頓された印象。分かりやすくなっています。
でもその「KERAさんだなあ」がなくなって寂しいような気もします。
今回はナイロンの役者をメインで使ってないから、そういう話にしたのかな??

長い時間でしたが、途中で脱線もなくぐいぐい引き込まれてあっという間でした。

高橋克実さんはかなり美味しい役どころですね。まさに役得!?
あんな美人のねーちゃんと・・・くっそー!!
リアルなような、そうでないような微妙なさじ加減。とても良かったです。

しかしどうしてユゲみたいな性格悪い男と寝たんだ・・・ミラよ。しかも写真まで撮られて・・・。

味のある役者さんが多かっただけにユゲ・ジンタ・リクの三名はちょっとボンヤリした印象が残ったのが残念。
一人ひとりにエピソードが感じられて、どの人にもそれぞれ共感できる部分が見え隠れして、それに泣いたり笑ったり心が揺さぶられました。

今日は祝日でしたが、二階席なんかはかなりガラガラでした。当日券でみたいと思っている方がいたら、結構いけそうな感じですよ。
2008.12.23 Tuesday 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 

人形の家

[ 舞台 ]
せっかく渋谷に行ったので、西武の地下のイヴ・チュリエスに寄ってくるつもりが・・・

すっかり忘れました。
・・・それだけ熱演だったということで^_^;
(以下ネタバレ)
JUGEMテーマ:舞台鑑賞
続きを読む >>
2008.09.23 Tuesday 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 

かもめ

[ 舞台 ]
観て来ました。
私が藤原氏の舞台をみるのは、なんといってもあの可愛らしさです。
失礼な言い方ですが・・・本当に華がある。なんだかこう、くすぐられるのです。
年が一つしか違わないのに、母性本能ですか??と自分に問いたい。

今回のかもめも夏にやるには少々不向きな作品(ロシアのものはチェーホフにしろドストエフスキーにしろ、なんだか冬が似合う)な気がしましたが、今回も出だしから笑顔満開で、またしても胸がキューンとなるのでした。
そのあとは(かもめは明るい話でもないので)満開笑顔の機会もなく・・・でしたが。

ニーナにキスをかわされて、口元ぬぐっていたのがおかしかったです。

所々に笑いも用意してあり、分かりやすいかもめでした。
有名な「私はかもめ」の台詞で少しうるっと来ました。初めてみましたが美波さん、可愛かったです。
麻実れいさんの存在感は抜群で、オーバー気味のアクションもとてもあっていました。
ニーナとの対比がとても出ていて、また、トレープレフとトリゴーリンの対比もわかりやすく、本当にわかりやすいかもめでした。
対比といえば、藤原さんはニーナにキスをするとき、そのまま「ぶちゅー」としてましたが、鹿賀さんは帽子で隠してましたね。これも演出なのか?が謎ですが、大人と子供という感じで良かったなあと思うのです。

それにしてもマーシャ(笑)常に酔っ払ってるような感じでしたね。小島聖さん・・・美人でスタイルもいいのに、面白キャラじゃ少しもったいない??

でも一番もったいないと感じたのが小道具の多さと舞台装置でした。
あれだけ芸達者なメンバーを集めているのだから、あんなに沢山舞台の上に置かなくても良い芝居は作れそうなんだけどなあ。
ACTシアターは少し広い劇場だったので、細々とされてしまうのがちょっとしんどかったです。

・・・それからかもめの人形がちょっとチープな感じがしたのが切なかったです。
2008.07.08 Tuesday 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 

BLUE MAN GROUP IN TOKYO

[ 舞台 ]
ブルーマンみてきました!!

が、お先に石の癒のアイスをどーぞ。
今日はイチゴです。胡麻黒糖もおいしいです。醤油の味がするのが不思議。黒糖なのにね。
いちご

以下ネタバレ
続きを読む >>
2008.03.10 Monday 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 

NODA・MAP 「キル」

[ 舞台 ]
NODA・MAP初見!!ビバ!野田秀樹!!
と、いうわけで野田秀樹を楽しみにしていきました。
広末のファンでも、妻夫木のファンでもありません。

むしろ、妻夫木氏は不安材料・・・。数年前のタイタニックの吹き替えが忘れらない(というかむしろトラウマになるくらい酷かった)
でーすーが。結構良かったです。いや、良かったです。
彼は背もあるし、がっちりしてる感じで舞台に映えますね。顔も照明に負けないし。
いい成長をしたもんだとお母さんのような気持ちでみてしまいました。

広末は腹が割れてる!!びっくり。
子供生んだのになんなんだ、その鍛えられた腹筋。毎日何回やればいいんだろう。すごいなと思いました。

そして久しぶりにみた山田まりや。。。
あれ?見たことある顔だなと思ったら(笑)

野田秀樹はさすがに芸達者。達者という言葉がこんなに似合う人はなかなかいないでしょう。まさか妻夫木の子供役をやるとは思ってなかったよ。
おとーさーん←超笑った。
「はいそこ、ぼんやりしなーい」で私の席に丁度チョークが飛んできました。
でもぼんやりしていたので、取り損ねてしまいました。ごめんなさい、先生。

勝村政信さん・・・好きになってしまいそうです。
基本三枚目なお笑い系の役どころなのに、死ぬ間際の演技が凄いイイです。
天保のときも死ぬ間際の演技、すごい好きだったなあ。
ああ、好きになってしまいそうだ。

前後に分けて休憩を挟んでの舞台だったけど、前半は笑いが多くて後半はシリアスという展開は比較的良くあるパターンだなと。
前半の笑いは勝村さん絶好調ですごい面白かった。小ネタ多かったけど。
舞台装置もシンプルながら良く出来ていて(さすが再々演)、どういう仕掛けになっているのか気になりました。

現実とパラレルワールドが組み合わさって、なおかつチンギスハンとファッション戦争を組み合わせるなんて凄い戯曲だ。
なのに一つにまとまっていて、だらだらしてなく、テンポもよくて引き込まれる感じでした。ミシンの音をマシンガンに見立てたり。すごいな、この感覚は。
話を追ってしまうと分からなくなるかもしれないけど、なんだか感じるものがあって、感覚が重要な舞台だった。そして、妻夫木氏はその感覚を上手いこと捉えている感じがして、方向性として間違ってないというか、等身大に近い感じでとても好感を持ちました。
「ゲーセンに行ってくる」は笑った。あるある(笑)みたいな。

ちなみにカーテンコールは4回。

私的メモですがとりあえず、ブルーマングループを今度見てきます。
それから今観たいもの
・五右衛門ロック
・かもめ
・どん底

でも全部見たら破産だな(笑)とりあえず一番はかもめかな。
2008.01.17 Thursday 03:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 2 PAGES | >>